HR Solutions

Worldwide

Orange-Line

暫定(一時・臨時)管理職の紹介

暫定管理職とは、リソースや必要な専門知識が不足している場合や人員の欠員を埋めるために、一時的に管理業務を引き受ける社外の人材を採用することを言います。暫定管理職は通常、特定のプロジェクト、管理業務、または緊急な欠員を埋めるために、合意した期間会社の責任ある立場で働く管理職として雇われる自営業の人材です。給与は前もって合意した日給を請求することで支払いが行われます。暫定管理職の契約は、契約が新たな業務のために延長されない限り、契約上規定の期間以降、または契約で合意した業務が正常に完了した後、終了します。

暫定管理職は、係長や管理職など現場管理機能(ラインマネージャー)や、戦略的または重要な事業運営業務を管理実施するプログラムやプロジェクトで定期的に採用されています。

フューチャーマネージャー社の暫定管理職者は、長年にわたってビジネスでラインマネージャーやセコンドラインマネジャーとして管理責任経験がある、経験豊富なラインマネージャーです。そのため、彼らは管理職としての成功経験を踏まえ暫定管理職として複雑な課題に取り組むことができ、クライアント企業、ビジネスパートナー、株主を説得し、統括する従業員を動機付け、結果志向の方法で管理するスキルを持ち合わせています。

暫定管理職は、クライアント企業のラインマネージャーまたはプロジェクトマネージャーとして、一時的な業務や戦略的プロジェクトの運営責任を担います。